2016年11月25日金曜日

かみ合わせが悪いと歯周病になる!?

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。

歯周病は歯周病菌に感染する事で起こる病気です。

歯周病菌によって歯肉や歯を支えている骨に炎症が起きてその骨が溶けていきます。

そこにかみ合わせの悪い環境があると、部分的に無理な力が掛かって歯周病を悪化させる事があります。

つまり悪いかみ合わせが歯周病を悪化させてしまう要因になる可能性があるというわけです。

これは食いしばりや歯ぎしりで歯周病が悪化してしまうのと同じで、強い力が特定の歯にかかってしまうからと言えます。

例えば一本だけ歯並びが悪く出っ張っている歯があるとします。

歯並びに凸凹があると磨きにくく歯周病菌が増えやすい、という要因もあるでしょう。

そこだけ強い力がいつも加わっていると、段々歯を支える骨が減って揺れるようになります。

そして最後には食事の時にかみ合わせても痛い、という状態になってしまいます。


かみ合わせを整えたり無理な力が歯に掛からない様にマウスピースをしたり、と対策する事で歯周病を悪化するのを防ぎましょう!

歯医者さんに相談してみてくださいね。


勿論、自分での正しい歯磨きや定期的な検診、プロのお掃除は欠かせませんが・・。



http://www.azabu-msdental.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿